fc2ブログ

ジャパンカップ回顧

ジャパンカップ回顧

27日(日)のイチ推し馬では、東京8Rベゴニア賞→レッドロスタム4着、阪神9R白菊賞マイレーヌ3着。人気に関係なく選んでおり、マイレーヌは6番人気でしたが期待通り、いい走りを見せてくれました。2つのブログランキングの画像をクリックしてくれたらサニーは来年も走り続けます。

FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大



先日の考察
ーーーーーーーーーーーーーーー
◎ヴェラアズール
○オネスト
▲テュネス
△シャフリヤール
△ダノンベルーガ
△デアリングタクト
△ヴェルトライゼンデ
△ハーツイストワール
ーーーーーーーーーーーーーーー

単勝◎ヴェラアズール
馬単・三連複・三連単

単勝
450円
馬単
1,920円
3連複
2,360円
3連単
9,850円

しっかりがっぽり稼ぐことができました。


馬券&勝負は厚く&熱く
回顧は冷静にいこうと思います。


前半1000m通過が61.1秒というスローペース。
馬群が密集してスペースがない状態。
ひと塊のまま直線へ。

やはり前が壁…、前が渋滞…、挟まる

色々と不利がありました。

列挙すると、

1着ヴェラアズール
追い出しを待たされて
進路を探して探して
鳴くまで待とうホトトギス状態。
最後はムーア騎手、鬼追いでしたね。


2着シャフリヤール
"スローペースの外々"
というロスの大きな競馬
最後は苦しくなり、
左へモタれてしまいました。


3着ヴェルトライゼンデ
若干追い出しを待たされましたが、
インの経済コースでほぼスムーズ。


4着デアリングタクト
追い出す際に少し前が渋滞。
それにプラスして
ゴール前では前2頭の間を割れずに
カニ歩きで進路変更。
大きなロスとなりました。


5着ダノンベルーガは4コーナーで
ユーバーレーベンに被されてしまい
それを嫌って予定より早目に
エンジンを吹かす羽目に…。
着順に影響はありませんが、
ゴール前で挟まる大きな不利。


6着グランドグローリー
ギアチェンジが遅く、
外へ出してからようやくエンジン点火。
さらに前を走るユーバーレーベンを
パスするのに労力を使ってします。


7着オネストは進路がないため、
一旦最内へ誘導して、そこもダメで
その後、内から5頭分もカニ歩きしています。


9着テュネス
ゲート入りに時間がかかりすぎました。
騎手からのオーダー(目隠ししてゲートイン)を
もっと早くに柔軟な対応で処理していれば…。
規則通りのお役所仕事に映りました。


14着テーオーロイヤル
揉みくちゃにされて何もできず…。
2戦連続で不利を受けたので
精神面のダメージが心配になります。


勝負事に『タラレバ』は禁物ですが、

"もし全馬がスムーズだった"場合の結果発表です。

タラレバ 1着 ヴェラアズール
タラレバ 2着 デアリングタクト
タラレバ 3着 オネスト
タラレバ 4着 シャフリヤール
タラレバ 5着 ヴェルトライゼンデ
タラレバ 6着 ダノンベルーガ
タラレバ 7着 グランドグローリー

3着~7着はかなり"接戦"になっていたでしょう。




ヴェラアズール優勝で
エイシンフラッシュ産駒は初GI制覇。

2着シャフリヤールは藤原英厩舎。
現役時のエイシンフラッシュの調教師ですね。
エイシンフラッシュの子にやられたね』
という藤原英師の談話はとても深みがあります。

素晴らしい筋肉の持ち主。
完璧に仕上げた渡辺薫厩舎にも拍手を送りたいです。

岩田望来→戸崎圭太→ルメール→松山弘平→ムーア

毎回ジョッキーが違うのに
ちゃんと結果を出すヴェラアズールは強いです。


デアリングタクトは惜しかったですね。

『前をカットされたり、
  他馬が左側へモタれてきたりと、
  直線で2回狭くなる不利。
  せめて1回だったら・・・・・』

このレース後談話がすべても物語っています。

それにしてもマーカンド騎手はしばきあげてきますね。
横移動(カニ歩き)しながらもグイグイ手綱を押しています。
凄いガッツと根性です。

"うわぁー挟まれたぁーダメだぁー"
と早々に諦めた(手綱を緩めた)
川田将雅騎手、菱田裕二騎手には
もう少しファイトしてほしかった。
もちろん大事故回避のためでしょうが・・・


GI競走は残り5つ。


この勢いそのままに年末まで走り続けてまいります。





イラスト1




こちらは私がプラスアルファで馬券の参考にしているサイト。





スポンサーサイト




中央競馬ランキング

ジャパンカップ考察

ジャパンカップ考察1
◎重賞考察レース以外の『今週のイチ推し馬』を2つのブログランキングサイトに公開中(金曜と土曜の夜に公開)。下の2つのバナーをクリックして「サニー@馬券に直結する話」を探してください◎

FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大


こんばんは。
サニーです。

"馬体のカッコいい歴代GI馬は?"
と聞かれて
エイシンフラッシュの名前を挙げる人は多いでしょう。

それは産駒にも遺伝していて
パドックで馬体に惚れ込んでも
レースに行くと"さっぱり走らん"
というパターンが非常に多いのです。

・馬っぷり抜群
・やや重心が浮くフォーム
・折り合い難が多くて操縦が困難

馬券的にはとても取り扱いの難しい種牡馬といえます。

ヴェラアズールの5走前、
3月19日 淡路特別 パドックを
グリーンチャンネルでみていて
やはり競馬新聞に超好馬体』
と花丸付きでメモッています。

でも馬柱で成績をみたら5歳馬/17戦目で初めての芝

びびってしまい、馬券を買わずに
見(ケン)してしまいました。


結果は・・・1着・・・

・・初芝で見事に勝利。


その後は
芝4戦目でブレークアップ(後にアルゼンチン共和国杯V)
を下して3勝クラスを卒業。

芝5戦目で一気にGII制覇。

ダービー・天皇賞秋を制した
エイシンフラッシュにようやく超大物が誕生。

そんな勝ちっぷりでした。


エイシンフラッシュ=Mデムーロが
ウイニングランの途中で下馬して
ヘルメットを脱ぎ、
レースを天覧した天皇と皇后に
最敬礼したのが2012年。

あれから10年。
孝行息子が躍動します。



それでは発表します。


11月27日【日曜・東京12R】


6◎ヴェラアズール
2○オネスト
7▲テュネス
15△シャフリヤール
14△ダノンベルーガ
8△デアリングタクト
3△ヴェルトライゼンデ
10△ハーツイストワール

━━━━━━━━━━━━━━━━━
それでは詳しく見ていきましょう。
―――――――――――――――――


本命◎はヴェラアズール。

先ほどもお話ししたように
やや上体が浮ついたフォーム。

力がどこへ抜けてゆくのか?

上へ抜けるようだと推進力が分散してしまいます。

『姿勢の高い走法には
  外人ジョッキーが合う』

私は常にそう考えているので
ヴェラアズールはムーア騎乗で
さらにパワーアップしそうな予感がするのです。


昔話で申し訳ないですが、
1995年 金杯(京都)で
ワコーチカコ=ペリエが突き抜けました。

当時ペリエ騎手は21歳です。

頭が高くて気難しいワコーチカコ
首根っこを押さえつけられて
びっくりしたように弾けたのを覚えています。


2001年 ジャパンカップでは
ジャングルポケットの首根っこを
押さえつけて低姿勢を維持させていました。

これまでは上へ上へ力が逃げてましたが、
角田晃一騎手 → ペリエ騎手で走り方がガラリ一変。

抜け出した1番人気
テイエムオペラオーをクビ差 差し切りました。


ムーア騎手も
2010年 エリザベス女王杯スノーフェアリー
有名な実況『すんごい脚』を演出。

あれは完全にワープしていましたね(笑)


先週(20日)阪神:再度山特別を勝ったフィデルもムーア騎乗の
おかげで初めて真面目に走っていた気がします。


ちなみに 2001年 ジャパンカップ
1着 ジャングルポケット(ペリエ)
2着 テイエムオペラオー(和田竜二)
3着 ナリタトップロード

ナリタトップロードの鞍上は渡辺薫彦。

ヴェラアズールの調教師です。

ナンバーワン騎手のムーアを配して
21年前の忘れ物を取りに戻ってきました。


対抗○オネスト
パスキエ騎手の継続騎乗ではなく、
ルメール騎手への騎乗依頼に本気度を感じます。

祖母の父Kahyasi
イルドブルボン直仔で日本ではカラジ(中山グランドジャンプ三連覇)
の父として有名ですね。

好枠+スタミナ母系で
"馬券圏内あり"と診断しました。


▲はテュネス。

2歳上の半兄トルカータータッソは凱旋門賞V。

テュネス自身も
前走のGIバイエルン大賞を10馬身差のぶっち切りV。

5連勝と勢いに乗ってのジャパンカップ参戦。
これだけで"買う価値あり"です。


△シャフリヤール
牡馬にしては小柄で上積み?ですが
最大の武器は"手先の軽さ"。

良馬場なら上位争いになるでしょう。


△ダノンベルーガ
ここ3戦、外から差す形が取れていません。

苦し紛れにインへ突っ込む競馬が続いています。

7枠 14番を引いたので
今度こそ直線"外"へ舵取りしてほしいです。

2000m ベストか?
2400m ベストか?
それはまだわかりませんね。


△デアリングタクト
得意のやわらかい馬場状態で
同じ牝馬相手に6着は大ショック…

買い要素は剛腕マーカンドですね。


△ヴェルトライゼンデ
半兄にワールドエースワールドプレミアがいます。

ドイツ牝系ですね。
調教VTRをみていてもパワーを感じます。

相性のいいレーン騎手で怖い1頭だと思います。


△ハーツイストワール
不利を受けた馬が多かったアルゼンチン共和国杯で2着。

テーオーロイヤル
かなりの不利を受けていましたが、
ハーツイストワールは諦めずに再加速しています。

この根性を評価します。

パドックで後肢の踏み込みも目立ちました。

得意の左回りならば、
死んだふり作戦がはまるかもしれません。



フォーメーション馬券
2着、3着ゾーンにマークする予定です。。






イラスト1



こちらは私がプラスアルファで馬券の参考にしているサイト。





中央競馬ランキング

京阪杯(G3) 追い切りからの考察

追い切りからの考察 京阪杯


こちらは私がプラスアルファで馬券の参考にしている優良サイト。


重賞考察レース以外の『今週のイチ推し馬』を2つのブログランキングサイトに公開中(金曜と土曜の夜に公開)。下の2つのバナーをクリックして「サニー@馬券に直結する話」を探してください!!現在、両サイト共に30位台ににランクインしています。

FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大



◇◆追い切りからの考察◆◇

11/27(日) 阪神12R 京阪杯(G3) 芝1200m


◎ライトオンキュー
硬さを残さないように日曜にビシッと追い、直前は終い重点。工夫している。タイム地味でもやけに気合乗りが目立つ。馬体もふっくら。久々は合うタイプだし、ここは超のつく大大大大混戦。大穴候補。

○トウシンマカオ
フレグモーナにならないように対策しているのか? 日曜からなぜかポリトラック入り。コーナリングで若さ見せたが、さすがの動き。やる気満点でデキ良し。

▲サンライズオネスト
雨で重たい馬場だったが、調教駆けするタイプで今回も動き良し。集中力を維持して好調。

△キルロード
2週連続で11.9秒マーク。3馬身追走からスコンと抜け出して3馬身先着。調教本数の割に動き良し。

△ジュビリーヘッド
先週はややモタモタしていたが、今週は脚取り確か。前走は勝負どころで不利があった。態勢OKで巻き返し可能。

△スマートクラージュ
先週あたりから動きが変わってきた。ピリッと気性強く、久々でも動けるタイプ。前走はラチに接触する不利があったので参考外。

△ファストフォース
16日の11.6秒は最速の値。かなり優秀。23日も12.0秒で動き良し。太りやすいので若干重目に映る(馬体重に注意)が、動きだけは文句なし。

△エイティーンガール
折り合いに気をつけていつも通りの動き。昨年の優勝馬でここも流れが向きそう(差し有利)だが、昨年より斤量が1キロアップする分、過大評価はどうか?







イラスト1








中央競馬ランキング

プロフィール

sannykeiba

Author:sannykeiba
18歳から競馬にのめり込み、これまでに積み上げてきた競馬の研究材料、某競馬新聞社トラックマンからの情報を中心に、【完全無料】で馬券に直結する話を綴っていきます。

応援クリックお願いします!!

FC2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR