fc2ブログ

東京新聞杯・きさらぎ賞のサニーの追い切り評価

東京新聞杯・きさらぎ賞のサニーの追い切り評価
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大

先週の根岸SとシルクロードSは印をつけた3頭ずつのうち、それぞれ2頭ずつ好走してくれましたし、根岸Sに関しては本命にしたエンペラーワケアがきっちり想定通りの展開になったことで圧勝を飾るという完璧な予想が出来たかなと!

フェブラリーSも近づいてきましたので、このままさらに調子を上げていければ最高ですね。

それでは本題へと入っていきます。


東京新聞杯(G3) 東京芝1600m

注目馬:トゥードジボン
栗東 CW 良 52.4-37.3-11.3(当週・強め)
栗東 CW 良 90.5-73.4-56.8-41.8-12.8(1週前・馬なり)

コンスタントに使われていますが、目下絶好調の動きで状態は高いレベルで安定していました!

3走前くらいから窮屈で伸びきれないストライドが大きくなり始めて終いに良い脚を使えるようになっていましたが、追い切りからも動きに変化が見られました。

トモの力強さはありつつも、前脚が全然使えていないので上に推進力が抜け気味になっており、長く良い脚を使える持ち味というよりも、全力で走れていない分でダラッとしていただけかなと。

1週前まではかなり軽めだったので疲れがあるのかと思いましたが、最終追い切りで強めにやってきた時の元気で軽快なフットワークはまるでフレッシュな休み明けかと見紛うほどです。

追われてからはしっかりと反応出来ていますし、ここ数戦に見せている柔らかい大きなストライドを存分に披露していましたので、調教注目馬として挙げさせて頂きます。

ちなみに、前走のような緩い馬場だと今のフットワークでは踏ん張りが利かないので、状態の良い東京で良馬場で臨めるのであればさらにパフォーマンスは上げてくるでしょう!


きさらぎ賞(G3) 京都芝1800m

注目馬:ヴェロキラプトル
栗東 坂路 良 53.8-38.5-24.7-11.8(当週・馬なり)
栗東 坂路 良 55.2-39.5-25.1-12.0(1週前・終い強め)

1週前も当週もレースで騎乗する西村騎手が跨って感触を確かめてきました。

2連勝で挑んだホープフルSでは、体が成長してフットワークも良くなったと陣営はコメントを残していましたが、確かに頭が高い走法から沈むようなストライドに変化はしていたのですが…

トモの踏み込みがかなり浅く見えて、踏ん張りが利かない分で体が起こせなかっただけだと私は思っていました!

今回は時計の出やすかった馬場だとしても、坂路でラスト1ハロン11.8秒というタイムを楽にマークするほどの脚力を見せていましたが、以前のような頭の高い走りに戻っていて、前走よりもパワフルな脚捌きを披露しています。

スピードはそう目立たない印象ですが、体は全体的に浮き気味でも重心はしっかりと低めに保てていて、素軽い動きなのにパワーが十分なので今の京都の馬場は今の走りが維持出来るのであれば間違いなく合うでしょう!

状態が良いですし一変に期待したい1頭ですね。


競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に私の記事を寄稿しています。

20231103sa.jpg

こういった感じで1日に2~3頭ほど無料で推奨しているので
気になった方はぜひ!





スポンサーサイト




中央競馬ランキング

根岸S・シルクロードSのサニーの追い切り評価

根岸S・シルクロードSのサニーの追い切り評価
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大

先週開催されたAJCCと東海Sの私の予想は、本命にしていたボッケリーニとオメガギネスがそれぞれ2着という結果となりました!

どちらも勝利まであと一歩のところではあったものの、そもそも相手として印をつけた馬たちが凡走していたので、何とも言えない予想だったかなと…

まあ軸馬は2024年も好走し続けてくれているので、今週こそ巻き返せるように状態の良い馬を見極めて予想を組み立てたいと思います。

それでは本題へと入っていきます。


根岸S(G3) 東京ダート1400m

注目馬:エンペラーワケア
栗東 坂路 稍 55.1-39.6-25.9-12.8(当週・馬なり)
栗東 坂路 良 49.7-36.1-23.6-12.1(1週前・強め)

2週前に高倉騎手、そして1週前にレースで跨る川田騎手が調教をつけていました!

坂路でしか本追い切りをやらない馬なので、以前との時計の比較でどう変わったかもわかりやすいのですが、まず1週前にマークした49.7秒というタイムは自己ベストを更新するものとなっています!

併せた相手は今の現役馬の中だと栗東の坂路で1番時計が出るルガルなので時計も引き上がった分はあるでしょうが、先に抜け出していた相手を追いかけてのもので、これには相当な価値があります!

最終追い切りでは動ける態勢というのがわかったからこそ軽めにやってきたとのことですが、しっかりやった1週前からテンションが高くなるようなところもなく、精神面も安定していました。

さらに言うと、時計を出していない時のフットワークの形が、速い脚を使っている時とほとんど変化がないので、自分の踏み込みの力強さでスピードを調整出来るセンスのある部分も垣間見せてきたのです。

この状態の良さなら相手が強くなったここでも通過点かもしれませんね!


シルクロードS(G3) 京都芝1200m

注目馬:オタルエバー
栗東 坂路 稍 49.7-36.5-24.4-12.6(当週・強め)
栗東 坂路 良 52.9-38.3-25.0-12.7(1週前・強め)

最終追い切りは松山騎手が感触を確かめていました。

デビュー当初から追い切りでは時計が出る馬でしたが、5歳になってようやく自己ベストを大幅に更新するタイムをマークしてきて本格化が伺えますね!

トビの大きなフットワークでワンペース気味の淡々とした走りをしているタイプでしたが、今回の動きを見る限りだと追ってからグンとギアが入ったような加速を初めて見せてきました。

テンから速いラップを刻んでいるので、トータルではハロン毎にメリハリがないラップではありますが、体を起こして走らせることが出来れば素晴らしい反応とキレを見せてくれると思います!

ラストは少し苦しくなってトップフォームを維持するのがギリギリでしたが、だからこそ最終までしっかりやったことがレースで活きてくるでしょう。


競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に私の記事を寄稿しています。

20231103sa.jpg

こういった感じで1日に2~3頭ほど無料で推奨しているので
気になった方はぜひ!






中央競馬ランキング

AJCC・東海Sのサニーの追い切り評価

AJCC・東海Sのサニーの追い切り評価
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大

先週も巻き返せずということで…

日経新春杯は堅めの決着となりましたが、京成杯は人気的には荒れたのですがあまり高配当とはならず、3連系は手広く予想していた方も多かったのでしょう。

愛知杯こそ本命にしたミッキーゴージャスがあまりにも強い競馬で他を完封する結果で何とか体裁は保てたかなと…

今週は2重賞しか開催されないということで比較的時間も取れましたので、気を取り直して好走する馬をしっかりと状態面から見極めていきたいと思います!

それでは本題へと入っていきます。


AJCC(G2) 中山芝2200m

注目馬:ショウナンバシット
栗東 CW 良 86.3-69.3-53.5-38.2-11.6(当週・馬なり)
栗東 CW 良 84.9-68.5-51.9-36.8-11.3(1週前・馬なり)

1週前は酒井学騎手が感触を確かめています。

前走のジャパンカップからあまり間隔も空いていませんが、明け4歳ということでまさしく成長期を迎えていますね!

コーナーを回ってくる時から以前よりも前進気勢は出ていましたが、我慢させて走らせている時の挙動というかフットワークがだいぶ良くなってきています。

体を起こして走れているのは前からそうですが、そこから反応させた時に体の動きを作れずにトップフォームを持ち出すまでに時間が掛かっていた馬なのですが、今回はジワッと変化させる段階でもバランスが良いので、スッと動けるようになっていたのが印象的でした!

抱えるとリズムを作れずに気持ちの面で自ら止めてしまうようなところもあったのですが、今回くらいの時計でしっかりと反応出来るのであれば精神面も順調に成長してきているのでしょう。

速い時計を楽にマーク出来るほど元々脚力はハイレベルでしたが、それをレースでスムーズに出せない面が良くなっていそうな今回は一変が見込めるのではないでしょうか!


東海ステークス(G2) 京都ダート1800m

注目馬:オメガギネス
美浦 ウッド 良 84.0-66.7-51.3-36.9-11.4(当週・馬なり)
美浦 ウッド 良 86.4-69.1-54.0-38.9-11.6(1週前・馬なり)

2週連続でレースで騎乗する戸崎圭太騎手が追い切りでも跨っていました。

500kg近くの大型馬ながら緩さが残っているせいでエンジンの掛かりが遅い面があり、レースを使う毎に多少の変わり身は見せていたとはいえ、まだ本当の意味で本格化するのは4歳以降という印象を持っていました。

調教でも正直に言って目立った動きをしていたわけではなく、強めに追ってもレースで見せるようなギアの入り方は出来ず、淡々とストライドを伸ばしているだけで力強さというのも感じなかったのですが…

今回は相変わらず沈むようなトップフォームの存分に披露しつつ、軽快なフットワークで脚取りも軽やかになっています!

トモの踏み込みが甘い面も徐々に良くなっているのでコーナーから直線入り口にかけて少しバタバタしていたところは見受けられませんし、加速にもスムーズさが出てきて休み明けで挑む今回はかなりの成長が見込めるでしょう。

デビュー時から超G1級の逸材と思っていた馬で、ポテンシャルだけで好勝負をしてきた素質馬に中身が伴ってきたとあれば流石にここは連すら外せない1戦ではないでしょうか?



競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に私の記事を寄稿しています。

20231103sa.jpg

こういった感じで1日に2~3頭ほど無料で推奨しているので
気になった方はぜひ!






中央競馬ランキング

プロフィール

sannykeiba

Author:sannykeiba
18歳から競馬にのめり込み、これまでに積み上げてきた競馬の研究材料、某競馬新聞社トラックマンからの情報を中心に、【完全無料】で馬券に直結する話を綴っていきます。

応援クリックお願いします!!

FC2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR