fc2ブログ

新潟記念・小倉2歳S・札幌2歳Sのサニーの追い切り評価

新潟記念・小倉2歳S・札幌2歳Sのサニーの追い切り評価
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大

今週から新たな試みとして1週前追い切りと当週の追い切りの双方を見て、仕上げ方や動きの質から状態が良いと感じた馬を厳選してお送りしたいと思います!

今までの内容だと、結局どっちを参考にしたら良いのかわからないとの意見もありましたので…

ここで紹介する馬はその馬自身のベストパフォーマンスに近いレースを見せてくれることでしょう!

強いか弱いかは判断材料に入れていないのでうまく活用していただければ幸いです。

それでは早速本題へと入っていきましょう!


新潟記念(G3) 新潟芝2000m

注目馬:イクスプロージョン
栗東 CW 良 81.7-66.2-51.1-36.9-11.7(当週・馬なり)
栗東 CW 良 82.1-67.0-51.9-36.9-11.5(1週前・一杯)

1週前にしっかりと負荷をかけて最終追い切りは軽めにやってくるという理想的な仕上げをやってきましたね。

前走は大敗していますが、函館のウッドでやったにしてもあまりにも動きが悪かったので状態が整っていなかったのでしょう。

本当に良い時は首の使い方に安定感があり、グイグイと前進気勢を出して整ったリズムを見せてきますが、厳密に言えば新潟大賞典で3着入線した際に評価した時ほどの動きの良さではありません。

ただ、気難しいタイプで騎手の指示に従わない反応が悪い面は当時以上に見せていないので、追走スピードの幅を作りつつ素直にピッチを変えることが出来ている今回の方がレースの流れに乗って運ぶことが出来るでしょう!

当週は遅れてしまいましたが、併せた相手は動くミスニューヨークですし、イクスプロージョンの方はラストに手控えるような形でもあったので、その点は気にしなくて良いと思います。

最終追い切りはキャンター程度で時計を出さない内容をやってきたくらいの馬なので、この2週間の仕上げ方はメイチ感すら感じますよ!


小倉2歳S(G3) 小倉芝1200m

注目馬:ミルテンベルク
小倉 ダ 良 59.6-42.8-12.3(当週・馬なり)
栗東 CW 良 56.4-38.4-10.9(1週前・終い強め)

2歳馬なので1回使った上積みがあるのは当然ですが、特に1週前のコース追いでの走りが絶品でした。

後ろ脚の踏み込みが非常に力強く、前捌きは掻き込むように走る馬力を感じる走法をしているのですが、頭が上がってこないので推進力が全く上に抜けてこず、その力強さがもれなくすべてスピードの乗りへと繋がっています。

ダートっぽい走りとか芝向きの走りとかそういう次元の話ではなく、全く無駄がないので現役でもトップクラスのスピード能力があるのではないかと思いました。

出走メンバーの中でこの馬だけが早めに小倉入りして最終追い切りを現地で行っていますが、鬼に金棒と言いますか輸送もなく落ち着きを感じる動きを最終追い切りで見せていたので、懸念点は何もありません。

話題になっている馬もいますが、この馬は脚力のレベルが違いすぎると見ています。


札幌2歳S(G3) 札幌芝1800m

注目馬:ガイアメンテ
札幌 芝 良 66.0-50.2-36.1-11.4(当週・馬なり)
札幌 ダ 良 44.0-12.7(1週前・馬なり)

初戦を使ってからの上積みはそこまで感じませんが、最終追い切りではコーナーで逆手前で走ってしまう面も見せず、バランスの取り方には変化がありそうですね。

栗東の坂路で見せていたギアチェンジして鋭く加速するような捌きは未だ見せませんが、大きなストライドと力強い脚捌きで強い内容を見せた前走と同じようなパフォーマンスは披露出来ることでしょう。

さらに言うと新馬戦の最終追い切りと比較するとキビキビと動けるようになっているので、気持ちが入ってきているのもプラスに働くと見ています。

ただし、2歳馬らしいというかまだ走り方をわかっていないような挙動を見せることがあり、能力は確かですが"競馬を教える立ち回り"をするのであれば他の馬にも逆転の目はあるでしょう。

大物感のある走りをしているのでそれでも通過点かもしれませんが…笑。



競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に私の記事を寄稿しています。

20230808m.jpg


こういった感じで1日に2~3頭ほど無料で推奨しているので
気になった方はぜひ!







スポンサーサイト




中央競馬ランキング

キーンランドCと新潟2歳Sの追い切りからの予想・考察

追い切りからの予想・考察 キーンランドC 新潟2歳S
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大
札幌はまた雨が降りそうですね…

土曜日の馬場を見る限りだと短距離だと内を選択する馬も多かったですが、長距離は明らかに内を通った馬がスタミナ切れを起こしていたので、渋るなら内は死にそうですね。

先週に引き続き完璧な連続的中を目指している私サニーが軸馬として推奨する

キーンランドカップと新潟2歳ステークスの注目馬はこの2頭です!


◇◆追い切りからの考察◆◇

8/27(日) 札幌11R キーンランドカップ(G3)芝1200m

◎ナランフレグ

最終追い切りは札幌のダートコースで5ハロンから69.1-52.5-38.2-11.9というタイムを馬なりでマークしてきました。

はっきり言って前走の安田記念よりも動きの質は良いです。

前走も決してデキが悪かったわけではなく、良い時に見せる捌きの柔らかさが終始出ていたので、むしろかなり良かった部類ですが今回の動きはウッドチップよりも走りやすいダートを走っている分があるにしても過去一番レベルで柔らかみのあるフットワークをしていました。

少し語弊がないように言いますとこの場合の"柔らかさ"というのは芝向きの軽い走りとか体の本質的な使い方とかそういった類の話ではなく、ナランフレグの"デキが良い時に見せる体の状態としての言葉のあや"のようなものです。

反応や行きっぷりが悪く、能力を100%で発揮できなかった時は捌きが硬く窮屈な走りをしてきた馬なので、これだけ柔らかみが出た走りをしているのであればフルパフォーマンスに期待して良いと思います。

その上で渋った馬場は上手に走れるので馬場に合った走法でしっかりと伸びてくるのではないでしょうか。

馬場が悪ければ馬群はバラけやすく、内を避けて通るような馬も出てくるので終い一辺倒のこの馬にとっては願ったり叶ったりといえます!


8/27(日) 新潟11R 新潟2歳S(G3)芝1600m

◎ルージュスタニング

最終追い切りは栗東の坂路で4ハロンから54.6-39.4-25.0-12.1というタイムを馬なりで叩き出してきました。

追ってはいないにしても、やはりまだ緩さはあるので坂路だと走りのリズムを崩すところが見られました。

ただ、手応え自体はずっと余裕がありましたし反応は速かったので平坦な新潟なら全く問題がないでしょう。

首の使い方と地面を捉えるタイミングが合わないところもありましたが、ストライドは最後までしっかりと伸ばせており、窮屈な走りにもなっていないので、緩さがあるにしても自分の走りは最後まで出来ていたのかなと!

あんまり吹くと外しそうですが、勝ち負けに期待出来るとかそういう次元ではなく、どんな勝ち方をするかに注目している1頭です。



競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に私の予想を寄稿しています。

20230808m.jpg


日曜は新潟の4Rと小倉の7Rを狙っています!







中央競馬ランキング

キーンランドCと新潟2歳Sの1週前追い切りからの注目馬!

1週前追い切り注目馬 キーンランドC 新潟2歳S
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大

先週の札幌記念と北九州記念はほぼ完璧な推奨が出来たのではないでしょうか!

札幌記念→◎プログノーシス:1着
北九州記念→◎ママコチャ:2着

どちらも連に絡んでくれたので本当に良かったです。

それにしてもプログノーシスは強かったですね…

ママコチャも惜しいところまで差を詰めてきましたが、ハイペースで逃げたジャスパークローネが相当強かっただけで、勝ちに等しい内容ではあったかなと!

今週は新潟2歳ステークスとキーンランドカップが開催されます。

連続的中出来るように今週も頑張っていきますよ!!

1週前追い切りからの注目馬はこの2頭です。


キーンランドカップ(G3) 札幌芝1200m

注目馬:キミワクイーン
札幌 芝 やや重 64.7-50.7-36.0-11.3

横山武史騎手を背に終いにしっかりと促してこの時計を叩き出してきました。

非常に手先が軽い馬でピッチの利いた捌きの硬い走りをしているのですが、力の要るウッドチップのコースだとリズムを崩してしまう面もあり、まだ本当の意味で中身がしっかりしているという印象はありませんでした。

結果を出した前走は正直に言って少し間隔が空いた分で緩さがあり、調教での動きの質や反応面も一回使ってからという印象が強かったのですが、レースに行って高いパフォーマンスを見せて、素晴らしいキレ味を披露してきました。

今回も短期放牧明けではありますが、牧場でしっかり乗り込んできたおかげか本数は前走よりも少ないのに軽快なフットワークで機敏に動けており、体はすでに出来上がっているように思います!

強いて言うならば体幹が良くなって成長してきた中で、自身の走りのイメージと体の動きが噛み合っていないのかスピードを出すとリズムにバラつきが出てしまう面は改善してきてほしいところですが、時計が出ているのでそこまで気にしないで良いでしょう。

現時点でも前走以上に動けるのではないか…そう判断しました。


新潟2歳S(G3) 新潟芝1600m

注目馬:ルージュスタニング
栗東 CW 良 81.2-65.3-49.9-34.8-11.0

レースでは菅原騎手が跨りますが、岩田望来騎手が目一杯に追ってこれだけの時計をマークしてきました。

この馬はG1レベルのメンバーでも上位争いが出来るポテンシャルを秘めていることでしょう。

新馬戦の時から軽い芝での追い切りだと余裕たっぷりの良いスピード感で走ることが出来ており、レースでもバランスの取れた走りできっちりと結果を出してきましたが…

ウッドチップでの追い切りだと緩さのせいで"脚の抜け"が悪く首の上げ下げの動きと脚捌きに連動性がないようなバランスの悪いフットワークをしていました。

今回は上記のような素晴らしい時計をマーク出来ているのも、一回使ったことでそこに変化が見られたからで、まだトモの緩さは全然あるので完成するのは先でしょうが、中身が締まったことで踏み込みに力強さが出てきたのです。

トップフォーム時の走りが非常に良く、体全体をしなやかに使って大きなストライドでグイグイ伸びていて、圧倒的な時計が出ているのも頷けますね。

新潟の軽い芝は間違いなく合うので、正直この走りなら負けてはいけないレベルかと思います!



競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に私の記事を寄稿しています。

20230808m.jpg


こういった感じで1日に2~3頭ほど無料で推奨しているので
気になった方はぜひ!








中央競馬ランキング

プロフィール

sannykeiba

Author:sannykeiba
18歳から競馬にのめり込み、これまでに積み上げてきた競馬の研究材料、某競馬新聞社トラックマンからの情報を中心に、【完全無料】で馬券に直結する話を綴っていきます。

応援クリックお願いします!!

FC2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR