fc2ブログ

スプリンターズSのサニーの軸馬予想

スプリンターズSのサニーの軸馬予想
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大

スプリンターズSの予想の前にまずはシリウスSの結果から振り返ります!

◎クリノドラゴン
○ハギノアレグリアス
▲アイコンテーラー

勝ったのは対抗としたハギノアレグリアスで単穴評価のアイコンテーラーも2着を確保してくれましたが、肝心の本命が大凡走してしまいました…

スムーズに立ち回ることが出来ていなかった分もあると思いますが、珍しくラストはバテ止まりしていたので、息の持ちも良くなかったのでしょう!

そんなに悪い予想でもなかったと思うので、スプリンターズSでは巻き返したいと思います。

それでは早速本題へと入って行きます。



10/1(日) 中山11R スプリンターズS(G1)芝1200m

◎ママコチャ
○マッドクール
▲ナムラクレア

調教で抜群に良いと感じたママコチャは枠も良いところに入ったので本命として期待します!

ママコチャは折り合いを重視した立ち回りを初の1200mだった前走でもやってきましたが、抑える競馬をせずともこの距離なら終いに甘くならないと思うので、川田騎手ならそういう強気の勝ちに行く競馬で順当に活躍させてくれると見ています!

前がかなり速くなりそうなメンバー構成ですが、結局1200mでG1レベルでの争いとなると抜きん出た持ち味を持っている馬が強い内容を見せて好走するイメージしか湧かないので、マッドクールとナムラクレアをチョイスしたって感じです。

マッドクールは最終追い切りはモタれてまっすぐ走れないバランスの悪さを見せましたが、1週前の動きは本当に素晴らしく長く良い脚を使えるタイプなのにギアチェンジ型に思えるほどで、体の動きを作れず加速出来なかった前走からの一変も期待出来るかと!

スピードの持続力は他を圧倒していると個人的には思っています。

瞬発力タイプはやはりナムラクレアでしょう。

最近は前捌きに柔らかさが出て背中を使えるようになったのでジワッと加速して以前よりも持続力が出てきましたが、本来はピュンと反応して一瞬でトップスピードに乗れるキレ味タイプです。

1枠1番は勝ちに行く競馬が出来ないですし、騎手の技量がかなり大事になってくるので3番手評価となりましたが、コーナーではジッとして仕掛けが遅れたとしても巻き返せる瞬発力があるので、前が壁になって全く追えないということにでもならない限り大丈夫でしょう。

ママコチャの早めに抜け出したマッドクールを目標にしつつ、内から伸びてきたナムラクレアを抑え込んでの横綱競馬に期待ですね!


競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に私の予想を寄稿しています。

20230808m.jpg


日曜は3頭の穴馬を推奨しています!






スポンサーサイト




中央競馬ランキング

シリウスSのサニーの軸馬予想

シリウスSのサニーの軸馬予想
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大

土曜日はシリウスSが開催されますね!

距離は2000mということで中央のダート重賞の中では最長となります。

JBCが近づいてきましたが、賞金を持っている実力馬はそこを始動戦とするか好走しやすい地方交流重賞を選択してくるので最近だと毎年のようにメンバーが低調になりやすいのも特徴と言えるでしょう。

だからこそ荒れやすいレースといえますが、今年からまた阪神開催に戻ってくるので適性や状態面も含めて、しっかりと精査して予想を組み立てたいところです!

それでは早速本題へと入っていきます。


シリウスSの予想

9/30(土) 阪神11R シリウスS(G3)ダート2000m

◎クリノドラゴン
○ハギノアレグリアス
▲アイコンテーラー

本命は調教でも評価したクリノドラゴンとします!

阪神のこの距離で開催しているときは良馬場であれば、芝スタートかつ最初のコーナーまで距離があるので、テンの先行争いが激化して速いラップを刻むので縦長の展開になりやすいのが特徴です。

コーナーに差し掛かって向正面に入るまでは動きが少なくなってラップは落ちる傾向にありますが、縦長になると向正面で動き出す馬が増えるので、中だるみはせずに割と速いラップを淡々と刻むタフな形となります。

決め手よりもスタミナや持続力が求められる印象で、ラスト1ハロンはバテ合いの差し合い…最後の直線では違いを生み出しにくく、4コーナーまでのアプローチが勝敗を分けるのではないでしょうか。

本命としたクリノドラゴンは上がりが掛かる展開でこその馬ですし、内をつくよりも外を回してこそのタイプなので、どうせ前半についていけないことからも縦長の展開はむしろ歓迎材料だと思っています!

調教では変わり身が見込めそうでしたが、ワンペース気味ながらもじっくり溜めて追わせて伸びるので、メリハリさえつけてあげればペース不問で脚を使えるのも魅力のひとつです。

脚を使うタイミングが難しくなりそうですが、そこは手の内に入れている鞍上の手腕に期待といったところでしょう!

クリノドラゴンはかなり特殊な持ち味を持っているので、この馬が好走する場合でも前残りの展開になると見ています!

大外枠と絶好のところに入ったハギノアレグリアスや、前走圧倒的な強さを見せたアイコンテーラーのような能力が高い先行出来る馬は流れに乗って順当に上位争いしてくれるはず!

シリウスSはこの3頭で勝負します~


競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に私の予想を寄稿しています。

20230808m.jpg


今週の土曜は2頭の穴馬を推奨しています!







中央競馬ランキング

スプリンターズS・シリウスSのサニーの追い切り評価

スプリンターズS・シリウスSのサニーの追い切り評価
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大

先週開催されたオールカマーと神戸新聞杯のサニーの軸馬の結果から振り返ります!

オールカマーで本命に挙げたマテンロウレオは、勝負どころでの手応えは十分でしたが、前にいたウインマリリンが下がってきそうな雰囲気がめちゃくちゃ出ていたせいで動きたいときに動けなかったのが残念ですね。

行きたいときに行けなかったせいで一気に渋くなっていましたし、そこでゴーサインを出せていればまた違った結果もあったでしょうが…

神戸新聞杯は本命にしたファントムシーフが3着を確保してくれて、対抗のサヴォーナも2着入線!!

サトノグランツが突っ込んでこなければ完璧な予想となっていただけにそこは悔やまれますが…

サヴォーナは10人気ですから、調教で変わり身を見せた部分がうまくレースに繋がって、勝ちに行ってファントムシーフを負かすという強い内容だったと思います!

今週に向けて良い流れを作れたので、秋のG1の一発目となるスプリンターズSもこの調子でズバッと的中したいところです!

それでは本題へと入っていきます。


スプリンターズS(G1) 中山芝1200m

注目馬:ママコチャ
栗東 坂路 良 52.5-37.8-24.0-11.6(当週・終い促す)
栗東 CW 良 82.4-67.1-52.6-37.7-11.7(1週前・一杯)

1週前の動きを見ると、休み明けを叩いたにしては大きな変化がない印象を持っていましたが、しっかりやった効果で当週はグンと良くなってきましたね!

追い切りでは坂路でもコース追いでも動くときは相当良い時計をマーク出来るので、1週前に見せた少し重苦しいフットワークや反応の悪さは本当に休み明けを叩いた馬なのか疑いを持つほどモッサリとしていましたが…

体重が絞りにくいタイプな上に、太かった前走を使った後に短期放牧に出たせいで絞れた体も戻ったせいもあるかなと思います。

陣営もまずまずと評価をしつつも当週もしっかりやってさらに絞りたいとのことで最終追い切りはいつもどおりの坂路で終いにサッと伸ばす程度でこれだけの時計を出しています!

前走と同じような調整過程ではありましたが、ひと目でわかる違いはフットワークの素軽さですね。

スピードアップするまでの反応が速く、モタモタしないので今回はリズムやバランスを崩すようなこともありませんでした。

さらに良い面としては、時計が出ているときは制御不能になるほど前進気勢が出てしまってメリハリのある動きを作れないのに、今回は行きたがる面を見せない中でも俊敏な反応と終いの伸びを見せることが出来ています!

鞍上とも手が合うのでしょうが、最終追い切りの陣営のコメントはなんとも微妙な感じですが、私は制御ができる状態でキビキビと動けているママコチャを調教の映像で見たのは初めてなので、抜群に良い動きだったと評価しています!


シリウスS(G3) 阪神ダート2000m

注目馬:クリノドラゴン
栗東 CW 良 83.4-67.9-52.8-37.8-11.8(当週・終い一杯)
栗東 CW 良 81.4-66.6-52.1-37.7-12.5(1週前・一杯)

どちらも厩舎所属の田口貫太騎手を背にやってきていますね。

映像は最終追い切りしか提供されていませんが、本当にあのクリノドラゴンなのか目を疑うレベルの素晴らしい動きだったと思います!

まず大前提として話をしておきたいのが、クリノドラゴンが調教で見せる動きについてです。

この馬はそもそも全く調教では動けません。

デビュー時から前走時まで含めて、全体時計で81秒台を出せることもありますが追ってからの反応がひと息で、ワンペース気味の持続力タイプにしても、全体時計に関わらず終いに11秒台のラップを一度も出したことがない馬でした。

今回は8ヶ月ぶりのレースとなりますが、そもそも今まで3ヶ月以上の間隔が空いての出走がたったの一度しかなく、馬は成長していてもじっくり休ませたことがないせいで中身が伴ってきていなかったのではないでしょうか。

前走のレース中に骨折が判明して長く休養することになりましたが、直線で持ったまま僚馬を突き放すような鋭い動きを見せて、追ってからの反応も素晴らしくまるで別馬のような変わり身を見せています。

元々動いていないときですら重賞を制している実力馬でG1でも4着の経験があります。

この動きがレースで出せるなら楽勝してもおかしくないかもしれません!

競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に私の記事を寄稿しています。

20230808m.jpg


こういった感じで1日に2~3頭ほど無料で推奨しているので
気になった方はぜひ!






中央競馬ランキング

プロフィール

sannykeiba

Author:sannykeiba
18歳から競馬にのめり込み、これまでに積み上げてきた競馬の研究材料、某競馬新聞社トラックマンからの情報を中心に、【完全無料】で馬券に直結する話を綴っていきます。

応援クリックお願いします!!

FC2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR