fc2ブログ

ジャパンカップと京阪杯のサニーの軸馬予想

ジャパンカップと京阪杯のサニーの軸馬予想
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大

ジャパンカップ京阪杯の予想を簡単に発表したいと思います!

その前にまずは京都2歳Sの予想の回顧と行きましょうか。

京都2歳Sの予想
◎プレリュードシチー…2着
○パワーホール
▲シンエンペラー…1着

軸馬推奨した10番人気のプレリュードシチーが見事に2着を確保!

シンエンペラーは直線でも反応が無く、大敗するかと思いましたがギアが入ってからの伸び脚は強烈でラストは完勝と言える内容だったと思います。

パワーホールこそ凡走してしまいましたが、ほぼほぼ完璧な予想だったと自負しています…笑。

この調子でジャパンカップ京阪杯も当てたいところですね!

それでは本題へと入っていきます。



11/26(日) 東京12R ジャパンカップ(G1)芝2400m

◎リバティアイランド
○スターズオンアース
▲ダノンベルーガ

リバティアイランドとイクイノックスの一騎打ちだと思いますが、状態面や斤量面からリバティアイランドを本命とします!
3連系で買うのはオッズが渋くなりそうなので狙うのは馬連辺りではないでしょうか。

リバティアイランドの単勝と対抗のスターズオンアースと単穴のダノンベルーガの馬連やワイドを買いたいですね。

どちらかが勝利するとは思いますが、状態が良くなかったにしてもイクイノックスは宝塚記念で牝馬でキレる脚を使えるスルーセブンシーズに際どいところまで迫られたのがネックになるかなと。

牝馬トップレベルの決め手を経験したことがありませんし、4kgの恩恵があるリバティアイランドに目標にされてしまうと太刀打ち出来ない可能性は全然あると思います!

逆にリバティアイランドは臨戦過程も良く状態面も文句のつけようがありません。

秋華賞以外は直線まで仕掛けを待つ立ち回りをしていましたが、"それで勝てる"のでそういう競馬をしていただけで、直線の短い秋華賞は早めに仕掛けて長く脚を使って完勝しています。

私はおそらくリバティアイランドの方が強いと判断しています!


京阪杯の予想

11/26(日) 京都12R 京阪杯(G3)芝1200m

◎シュバルツカイザー
○キミワクイーン
▲ディヴィナシオン

調教トップ評価のシュバルツカイザーを軸とします!

土曜日の馬場を見ていると、思いの他内の馬場は悪くないのが気になりますが、京都であっても逃げ残りはやはりペースが速くなる重賞だと難しい印象です。

シュバルツカイザーは先行脚質ですが、好位のやや後ろくらいで収まれるので、逃げ馬が良いペースで運んでラストに甘くなるのであれば一番良いところで競馬が出来るのかなと!

外差しが利く馬場ではありますが、京都の内回りでこれだけの多頭数となると直線での進路取りが難しくなるので、内枠と外枠からそれぞれ決め手のあるキミワクイーンとディヴィナシオンを相手として期待します。

この2頭は馬群を捌けるとキミワクイーンと外に進路を求めたいディヴィナシオンと枠の相性も抜群にマッチしているので、どちらかは圏内争いはしてくれるのではないかと思います!

状態は絶好調という感じはしませんが、デキは維持しているので何とか頑張って欲しいですね。



競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に私の記事を寄稿しています。

20231103sa.jpg

こういった感じで1日に2~3頭ほど無料で推奨しているので
気になった方はぜひ!





スポンサーサイト




中央競馬ランキング

京都2歳Sのサニーの軸馬予想

京都2歳Sのサニーの軸馬予想
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大

京都2歳Sの予想を発表したいと思いますが…

先週の東スポ杯2歳Sとは違って、将来性はありそうでも現状はまだ動ききれていない馬が多く出走してくるので、ちょっとレベルが高いとは言えないレースになりそうな印象です。

しかも内回りですし、馬場も荒れていてタフな展開になることが想定されますから、どの馬にもチャンスがあると思います!

そんな一見難しいレースで私が期待するのはこの3頭です。


京都2歳Sの予想

11/25(土) 京都11R 京都2歳S(G3)芝2000m

◎プレリュードシチー
○パワーホール
▲シンエンペラー

追い切りトップ評価のプレリュードシチーを軸で行きたいですね!

小回り適正が高い馬って案外分からないものなのですが、前走で馬体を何度もぶつけられてスピードを削がれておきながらも、仕掛けられると一瞬で反応してピュンと加速して見せた機動力の高さはこのメンバーだと随一でしょう!

荒れた馬場がどうかという心配も無用で、初戦は重馬場を経験済で鞍上も上がりの掛かるこういう馬場は良かったと評価していたので、他馬が嫌うならなおのこと良さそうですね。

対抗はパワーホールで行きます!

調教はもともと動いているタイプでしたし、頭の高い走法で見栄えはしませんがずっとリズムが安定しているので、道中の出入りが激しくなっても柔軟に対応出来そうなイメージがあります。

逃げずに2番手で後続の追走を振り切った前走も収穫がありましたし、洋芝の重賞で結果を出しているように荒れた馬場も問題がないでしょう!

シンエンペラーは頭が高すぎて走りの質のレベルは現状はかなり低いのですが、なぜあの走り方でスピード勝負に対応が出来たのかイマイチわからないんですよね…

調教からは変わり身は感じませんが、相当な能力の高さがないとこのフットワークであのパフォーマンスは出来ないと思うので、素質に期待して単穴評価としました。

京都2歳Sは私はこの3頭に期待したいと思います!!!



競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に私の記事を寄稿しています。

20231103sa.jpg

こういった感じで1日に2~3頭ほど無料で推奨しているので
気になった方はぜひ!






中央競馬ランキング

ジャパンカップ・京都2歳S・京阪杯のサニーの追い切り評価

ジャパンカップ・京都2歳S・京阪杯のサニーの追い切り評価
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大

マイルチャンピオンシップを制したのは直前の乗り替わりでも素晴らしいパフォーマンスを見せたナミュールでしたね!

コーナーではやはり予想した通りモタれて置かれそうになっていましたし、馬体をぶつけて相手を弾いた際も逆手前になっていたので走り自体はむちゃくちゃでしたが、仕掛けのタイミングが完璧にハマったのかとんでもない脚で突っ込んできました。

私が本命にしていたソウルラッシュが完勝する立ち回りで、大勢は決していたはずですが、あまりにも強かったです…

軸馬は悪くなかったですが、ナミュールの評価は下げていたのでなんとも煮えきらない結果となりました。

ただ、調教で評価したミカエルパシャとソウルラッシュは強い競馬は見せているので、引き続き参考にしていただければ幸いです!

それでは本題へと入っていきます。


ジャパンカップ(G1) 東京芝2400m

目馬:リバティアイランド
栗東 CW 良 80.7-65.5-50.9-36.4-11.0(当週・馬なり)
栗東 CW 良 86.8-71.3-55.7-39.5-12.0(1週前・馬なり)

叩き2走目の調整過程としてはオークスと同じパターンとなっていますが、動きに関しては今回の方がよく、過去最高のデキの良さで出走が見込めるでしょう!

馬が成長してバランスが良くなってからは、トップスピードに乗るのが速くなってしまい、前を追いかけても併せることが出来ずに楽に交わしさってしまうので、逆に調整が難しくなったイメージですが、今回はトップスピードを出していないのに僚馬を置き去りにしてしまうという破格の内容を披露しています。

トビがキレイで大きな走りをしていますが、加速する時は脚の回転の速い走法をしていて、そこから徐々にストライドを伸ばすタイプ…

こういう走りなので鞍上のアクション有りきでメリハリのある反応をして動きに変化を作るのですが、今回は全くの馬なりでトップストライドに入ることがないまま今まで同様の速い脚を繰り出しています。

いつも以上に余裕があるので逆手前に変えてしまう面は出てしまいましたが、止め際はすぐにブレーキをかけることが出来ていたように、これだけの時計を出していてもトップフォームに入っていなかったのです。

さらなる進化を遂げたリバティアイランドの圧倒的なパフォーマンスに期待したいですね!


京都2歳S(G3) 京都芝2000m

注目馬:プレリュードシチー
栗東 坂路 良 56.0-39.9-25.0-12.0(当週・馬なり)
栗東 坂路 良 55.1-39.5-25.3-12.6(1週前・馬なり)

最終追い切りではレースでも騎乗する幸英明騎手が感触を確かめていました。

デビュー戦の追い切り映像が提供されていないので、過去の動きとの比較は出来ませんが、高橋義忠厩舎は個人ブログでレポートを見ることが出来るので、その時の評価と今回の動きとのイメージの違いを見るとその変化は一目瞭然でした!

初戦は前後のバランスが悪く、トモが緩いせいで連動性がないと幸騎手は評価しており、実際に時計面で見ても目一杯追われても時計が出ておらず、使って行って良くなるタイプという印象を持っていました。

叩き3走目となる今回のフットワークはそもそも映像を見るまでもなく、時計面からも分かることですが、連動性がない馬が出来ないような加速の質をラスト2ハロンで見せていて、動きを見ても緩いとかバランスが悪いとか一切そういうこともありません。

鞍上も初戦とは全然違うと好感触を得ていて、小回りで上がりが掛かる展開ももってこいだと思いますので、成長度合いと前走のパフォーマンスを鑑みても軸として期待しても良さそうな1頭だと思いますね!


京阪杯(G3) 京都芝1200m

注目馬:シュバルツカイザー
美浦 ウッド 良 88.7-69.1-52.7-38.2-11.9(当週・馬なり)
美浦 坂路 良 53.5-39.9-26.3-13.1(1週前・馬なり)

最終追い切りは引っ張りきれないほどの圧倒的な手応えを見せていました!

前走時は終い重点の内容をやれていて、いつにも増してキレる脚を披露出来ていた中でパフォーマンスを落としてしまいましたが、落ち着き過ぎていたのかコントロールが利きやすのがかえって良くなかったと思っています。

今回はずっと抱えたままで我慢させないとガツンと行ってしまいそうなほどの危うさを見せましたが、あまりにもパワーがありすぎて抑えるのも一苦労…これくらい元気がある方が良いタイプなのかもしれません。

間隔が詰まっているので調整は軽めとなっていますが、促せば瞬時に反応して加速出来そうな雰囲気は感じられたので、状態はむしろ上がってきているでしょう!

2走前は重賞で2着と差のない4着ですから、荒れた馬場も苦にしないパワーを存分に披露して上位争いしてくれるのでは。


競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に私の記事を寄稿しています。

20231103sa.jpg

こういった感じで1日に2~3頭ほど無料で推奨しているので
気になった方はぜひ!






中央競馬ランキング

プロフィール

sannykeiba

Author:sannykeiba
18歳から競馬にのめり込み、これまでに積み上げてきた競馬の研究材料、某競馬新聞社トラックマンからの情報を中心に、【完全無料】で馬券に直結する話を綴っていきます。

応援クリックお願いします!!

FC2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR