fc2ブログ

東京新聞杯考察

東京新聞杯考察
競馬開催日限定で、『サニーの㊙イチ推し穴馬』として、とくに調教の動きが良かった人気の薄いであろう穴馬を、2つのブログランキングのページに公開します(前日夜~)。下の2つのリンクバナーをクリックしていただき、「サニーの馬券に直結する話@とくダネKEIBA」を探していただけるとそこに書いてますのでぜひご覧になってください。
FC2バナー中央競馬人気ブログランキング 大



【東京新聞杯考察】

種牡馬傾向がかなり強く出る重賞競走です。

過去20年で上位4頭の種牡馬は

ディープインパクト 3- 5- 1-27/36
サンデーサイレンス 3- 3- 2-17/25
タニノギムレット 3- 0- 1- 4/ 8
ハーツクライ 2- 2- 1- 2/ 7

ディープインパクト 勝率 8.3%
サンデーサイレンス 勝率12.0%
タニノギムレット 勝率37.5%
ハーツクライ 勝率28.6%

ディープインパクト 連対率22.2%
サンデーサイレンス 連対率24.0%
タニノギムレット 連対率37.5%
ハーツクライ 連対率57.1%

ディープインパクト 複勝率25.0%
サンデーサイレンス 複勝率32.0%
タニノギムレット 複勝率50.0%
ハーツクライ 複勝率71.4%


タニノギムレットには
アブソリュート、スマイルジャック
  ブラックスピネルが勝利)
勝率部門で敗れてしまいましたが、
ハーツクライ産駒
連対率57.1%、複勝率71.4%は驚異的。
イルーシヴパンサー、リスグラシューが勝利)

今年のメンバーでは
シュリがハーツクライ産駒。
インダストリアは"母の父"ハーツクライ。

穴馬として押さえるべきかと思います。


★過去10年で年齢別の成績を調べてみました。

4歳馬 5- 5- 3- 25/ 38
5歳馬 2- 3- 5- 29/ 39
6歳馬 3- 1- 1- 31/ 36

勝率、連対率、複勝率すべてで
"4歳馬"が断然いいですね。


★過去10年で牡馬・牝馬の成績も調べてみました。

牝馬は4勝(プリモシーン、
リスグラシュー、スマートレイアー、
ホエールキャプチャが勝利)

20頭の出走で
【4/3/1/1/1/10】ですから
"好成績"と言えるでしょう。

4歳馬+牝馬には大いに注目しましょう。


それでは発表します。



2月5日【日曜・東京11R】
東京新聞杯


15◎ナミュール
3○ジャスティンカフェ
2▲ウインカーネリアン
4△ピンハイ
16△プレサージュリフト
13△サクラトゥジュール
12△シュリ
5△インダストリア

━━━━━━━━━━━━━━━━━
それでは詳しく見ていきましょう。
―――――――――――――――――

【東京新聞杯】

本命◎はナミュール

何度も何度もテープが擦り切れるまで
エリザベス女王杯のパトロールビデオを見ました。

やはり最後の最後で右側へモタれています。

最後の最後で
ようやく"左手前"へ替えたのに
もうひと伸びするどころか、
逆に内へモタれてしまい…

だから繰り返し繰り返し
前方から映した映像をチェックしたのです。

調教VTRを見ていても
このエリザベス女王杯を見ていても
ナミュール
"右手前が大好き"という説が成り立ちます。

隙あらば"右手前"を使っています。
フルスピードの直線で
"右手前"主導となるのは左回りコース。

実際、左回りコースの方が
軸ブレが少なく、集中して走れています。

左回り/距離短縮/良馬場
これだけプッシュ材料がそろいました。

自信を持ってナミュール中心でいきます。


○ジャスティンカフェの前走は
スムーズなら2着。3着はあったはず。

うまく捌けず、
苦しまぐれに馬場状態の悪いインコースを選択。

はっきり言いまして"下手くそ"でしたね。

近親には
エアジハードという
マイル王者がいますが、
ペインテドブラック
青葉賞で制裁金を喰らいましたし
祖母ギミーシェルター
(サンデーサイレンス
 ×オークツリー)もかなりの気性難でした。

かなり操縦が難しいのでしょう。

ジョッキーだけの責任ではありません。
実力上位でも危うさを抱えています。


▲ウインカーネリアン
面白い?馬でゲート内で散々暴れて
他馬に迷惑をかけるのに
自身はなぜかいいスタートを切ります。

ただ、さすがにもうJRAは許してくれませんでした。

当然ですよね。
暴れるウインカーネリアン
他馬が物見してしまい、
遅れる事象が続いています。

前走はシュネルマイスターが被害馬でした。

発走調教再審査を課されたことで
『パシュファイヤー』
という新兵器を着けて調教しています。

網状の馬具を
目を覆うように装着することで
落ち着きを維持させる効果があるようです。

今のインコース有利の東京で先行力は驚異です。

ただし、
発走調教再審査明けということで
馬体増には気をつけたいところ。


△ピンハイはこの中間、
ウッドコースで
5ハロン74.4秒、72.8秒
坂路コースで
4ハロン55.1秒、55.8秒、58.0秒

さすがに時計平凡です。
馬体考慮とはいえ、平凡すぎます。

これはひと夏越しても
"期待ほど馬体が成長しなかった"
ことの証でもあります。

相当走る馬ですが、
まだ心身ともにつぼみということ。

正直言いまして"半信半疑"。


△プレサージュリフトの前走は
結果論ですが、早仕掛けでした。

スタートで安めを売り、
手綱を押して位置を取りに行くきつい形。

直線は抜け出しにかかりましたが、
完全に前崩れの流れに泣きました。

テン乗りの外国人騎手に多いレース内容ですね。

ただ、どんな競馬でも
できることがわかったのは収穫。

前走時のパドックは
非常にデキが良く見えたので
今回も期待できるでしょう。


△サクラトゥジュール
今まで輸送すると終わっていた馬。

まだ油断はできませんが、
6歳=ベテランになり、
極端なイレ込みは改善しています。

作戦はイチかバチかの
後方追走→"イン突き"でしょう。

うまくはまれば穴発生です。


△シュリ
△インダストリア

この2頭は冒頭で話したように
"ハーツクライ"血統内包馬ですね。



開幕してまだ2週目。
コーナーの緩いDコース使用。

どうしても"イン"有利な気がします。
難解な一戦ですが、うまく当てたいところです。



いつも私の無料競馬予想をご覧いただきありがとうございます。
競馬予想検証サイト「とくダネKEIBA」に記事を寄稿しています。

sunnybrian.jpg




スポンサーサイト




中央競馬ランキング

コメント

非公開コメント

プロフィール

sannykeiba

Author:sannykeiba
18歳から競馬にのめり込み、これまでに積み上げてきた競馬の研究材料、某競馬新聞社トラックマンからの情報を中心に、【完全無料】で馬券に直結する話を綴っていきます。

応援クリックお願いします!!

FC2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR